toggle
2018-03-12

ラナンキュラスをつかった花手毬のアレンジメントは元気に長持ち

今朝の窓辺から

これは、“おやゆび姫のドレスなのでは”というラナンキュラスをつかった花手毬は2月24日(土)におこなった雛祭りワークショップ&レッスンの日にデモ用としてつくったものです。

この時期、家の玄関は低い気温になるのでとても花が長持ちします。
茎が柔らかくて、オアシスに挿しにくかったピンクのサイネリア。
もともと春の花で丈夫なので、次々にツボミが咲き、花手毬がますますピンクでかわいく育ってます。

フラワーアレンジメントを長持ちさせるのは飾る環境にもよりますが、寒い場所、保水、そして、茎がオアシスにしっかり挿してあるなどが大事だと思います。

ズーフラの商品やワークショップなどのお申し込みお問い合わせはinfo@z-flowerdesign.comをご利用ください。

Z-Flower Design+
森本 泉 ( Izumi Morimoto )
西東京 ひばりヶ丘 大泉学園 練馬
West Side Tokyo Hibarigaoka, Japan

Instagram
Pinterest
Facebook
tumblr
Google+
http://pointeflower.z-flowerdesign.com/2018/03/12/ranunculus-flowerarrangement-workshp-lesson/
LinkedIn
YouTube
RSS
Follow by Email
関連記事